FC2ブログ

VAGRIÉ SHOP BLOG

clothes, womens, mens, and more !
MENU

BAGRETT début !

0   0

みなさま、寒い日が続いていますが風邪など引かずに、元気にお過ごしでしょうか?この寒波は強い風も伴って、日本海側や北海道では大変な天候になっているようですので、体調には十分に気を付けてお過ごしくださいね。そして、本日ももう少しだけヴァグリエのコマーシャルにお付き合いくださいませ~m(__)m

さて、少し前にヴァグリエの予告として全く新しいお財布の分野の商品を開発中ですと書かせて頂いておりました商品が、このクリスマスシーズンに合わせて無事にデビューを果たしました(拍手!パチパチ)創り出したヴァグリエさえも、お財布と呼んでいいのか?クラッチと呼べばいいのか?・・・はたまたミニショルダーと呼ぶべきなのか?大いに悩むほどマルチな活躍をしてくれる商品が生まれました。

名付けて「バグレット」。
VAGRIEがバッグとアトリエを合わせた造語であるように、この「BAGRETT」もバッグとウォレットを合わせた造語をネーミングとさせていただきました。どこにもない分野の、どこにもない商品。・・・ある意味、とってもヴァグリエらしいと思いませんか?付属の取り外し可能なチェーンの使い方ひとつで、ショルダーからクラッチ、ハンド、更には財布などへと変幻自在の魅力が満載です。





商品を開発する際に、最も大切にし、悩む部分でもあるのですが、このヴァグリエ独自のエスプリみたいな部分を、どういう風に商品のエッセンスとして加えていくかが、スタッフ全員のいちばんの難題で、やりがいにも繋がっています(^_^;)それがゆえに、商品が出来上がって来た際には、スタッフ全員が興味津々で、なにやら訳の分からない「キャー!」とか「ギャオー!」とかの奇声すら聞こえてくる事さえ多々あります。私に至っては「やったぜ~!」などと、あとから振り返ると何が「やった」なのか?自分でも全く意味が分からない雄叫びをあげております(笑)こんな風にひとつひとつの商品は、スタッフの愛情の元(奇声付きですが・・)みなさまの手へと渡って行きます。

今回の「バグレット」はスタッフ全員のお気に入り作で、お財布機能を持ち合わせたバッグの完成形ではないかと全員が自負しております。日本の技術力をもってしてのみ成しえる、きめ細かく繊細な作りと心配りが行き届いた機能。あくまでエレガントに、どこまでもこだわったモノつくり。現在ヴァグリエ本店スロースペースをはじめとした各地の店舗で、ご覧になられる機会がございましまら、是非、中を開けて見て下さい。よくぞ、この小さなマスの中にこれほどまでの機能を閉じ込めたことに感心していただけるはずです。細やかなステッチひとつひとつも、一切の妥協をしていません。これが日本の技術力。世界が羨む日本クオリティーなのだと改めて納得していただけるものと確信しています。

ヴァグリエは小さな会社ですが、目指すところは大きく、日本の技術による日本のオリジナルバッグで世界に発信出来るブランドでいたいと思います。

スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://vagrie.blog.fc2.com/tb.php/75-4da3a964
該当の記事は見つかりませんでした。