FC2ブログ

VAGRIÉ SHOP BLOG

clothes, womens, mens, and more !
MENU

孤高の天才ワールド

0   0

突然ですが、私のお気に入りが始まりました。
本日よりヴァグリエ本店スロースペースで造形作家の成田聡子さんの企画展がスタートです。今回の作品はヒノキをはじめとする香り豊かな木を一体、一体削り出し、ガラス塊を造形し組み合わせた作品が中心となっています。

成田さんが描き出す世界観は、ユーモラスで可愛くて、そのくせ心を落ち着かせてくれる不思議な魅力を発しています。それもそのはずで、成田さんは童話作家でもあり、有名なサントリー童話賞も受賞されるほど唯一無二の成田ワールドを確立されておられます。


最近、アートな世界に首を突っ込み、たくさんの作家さんたちと出会う中で、プロとアマのボーダーラインを意識してしまう事が多々あります。どの分野においても「私は作家です」と言うのは容易いのですが、俗にいう「この稼業で飯を食う」となると、そこにはボーダーラインを超えてプロの領域に入る必要があるという事に気付きました。
では、プロとは何ぞや?ってなると、先ずは個性が必要となります。これは大変に重要で、ある意味キーパーソンではなかろうか?と思っています。この人にしか作れない独自の世界・作品というのが最大の作品価値に繋がっていくのだろうと思います。これは本当に言うが易しですが、確立するまでの作家さんの苦しみが計り知れるほど難しいことだと想像がつきます。

享受するもの
<私のお気に入り作品 タイトル:享受するもの>

で、ここまではプロの話でしたが、更には世の中に天才と呼ばれる一握りの方々もいらっしゃいます。ピカソもそのひとりかも知れませんし、野球界なら長嶋茂雄さんあたりでしょうか?この方々も当然の事ながら努力はされていると思うのですが、元々持っている才能がハンパないので凡人が敵うはずもありません。それぞれの分野で孤高の存在となるわけです。私的には、今回ご紹介している成田聡子さんも、紛れもなく天才の領域にいらっしゃる方で、凡人には逆立ちしたって、この世界観は作り上げる事は出来ません。

とにかく、世の中でONLY ONEの存在ほど強いものはないのですから・・・

という事で、本日から開催されている企画展は、天才の片鱗を感じられる絶好の機会です。入場料無料(笑)のこんな機会を見逃す手はありませんよ~(^^)/~~~
        

スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://vagrie.blog.fc2.com/tb.php/175-8434ce1a
該当の記事は見つかりませんでした。