FC2ブログ

VAGRIÉ SHOP BLOG

clothes, womens, mens, and more !
MENU

愛すべき、ワル

0   0

いや~、やってくれましたね・・・なにがって?
競馬を見ない方には、全くもって興味はないでしょうが、名前ぐらいは聞いたことがあると思われる、芦毛の怪物「ゴールドシップ」様です(^^;)普通に走れば最強クラスのサラブレットなのに、そこがなかなか普通に走ってくれないのが「ゴールドシップ」様の恐ろしいところなのであります(笑)昨日のグレード1(G1)レース「宝塚記念」でもスタートの際に立ち上がっちゃうんですもの・・(>_<)これほど、気まぐれで人の言うことなんて聞きゃしない愛すべきワルな怪物なのであります。

昨日なんかは、スタートの際には思わず笑っちゃいました(^_^;)みんなの夢を乗せての1番人気にもかかわらず、すべての期待を嘲笑うかのように見事ブービー賞に輝きました(笑うしかないですよね↘)いままでは、個人的に「ゴールドシップ」様を好きではなかったんですが、今回のこの事件で一気にファンになってしまいました。また、驚きと笑いを提供して欲しいものです。



そう考えると様々な分野で愛すべきワルっていますよね?
お子様アニメには愛すべきワルが豊富に揃っています。アンパンマンに登場するバイキンマンや、ポケモンのロケット団。そうそう、ディズニーにもたくさんいますよね~?アラジンのジャファーやリトルマーメイドのオクトパスなんかはTDRでも人気で大活躍です。ルパン三世なんかに至っては、本来、ワル役のルパンより銭形警部のほうがワルく感じるぐらいに逆さまですもんね(^_^;)

映画ではホームアローンの泥棒ふたりなんてのも、これに当てはまりませんか?あれだけドジだと世の中も平和なのですが・・・ワル役で本来の主役を食っちゃった例としては半沢直樹のドラマで一世を風靡した顔芸の大和田常務。これに尽きるでしょう。このドラマ以来、市川中車(香川照之)さんは顔芸の達人になられたように感じます。海老蔵の眼力なんて屁のカッパです(笑)

まぁ、ワルはともかくとして、何にしても強烈な個性は人を魅了してしまうということでしょうね?とかく日本人は個性を伸ばす教育に慣れていないので、なかなか魅力あふれる破天荒な方が少ないのが現状ですが、時代が進めば進むほど今以上に「個性」の重要性は高まっていくと思っています。「個のちから」がそれぞれにレベルアップして、ひとつにまとまった時、日本にも新しい何かが生まれて来るように思えます。

愛すべきワルの如く、すこしばかり自分なりの殻を突き破るってのも、大いに新しい自分発見につながって面白いかもです\(^o^)/

スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://vagrie.blog.fc2.com/tb.php/133-eab76d14
該当の記事は見つかりませんでした。