FC2ブログ

VAGRIÉ SHOP BLOG

clothes, womens, mens, and more !
MENU

夏サウンドのすすめ

0   0

う~ん、このところ雨ばかりですね・・・梅雨時だから仕方もありませんが、やはり青空がそろそろ恋しい毎日です。とは言え、真夏日が続くとそろそろ涼しくなってくれないかなぁ~なんて勝手な事を言うのも恒例なのですが・・・(・_・;)

6月も半ばを過ぎて、先回もお伝えしたようにヴァグリエの決算月も佳境に突入です。普段の業務に加えて、決算の準備業務が加わり大変ではありますが、せめて1週間に1回はブログの更新をしなきゃと思っているので、これも大切な役目なんですよね。忙しければ忙しいほど、気分の転換も重要で、本日はかなり古いアルバムですが夏に相応しいアルバムを取り上げる事にしました。



「エーゲ海 Original recording remastered 」と言う1979年発表のアルバムで、細野晴臣,石川鷹彦,松任谷正隆の3人が、テーマに沿ってそれぞれの個性で共作したアルバムです。同様のシリーズで「PACIFIC Original recording remastered 」という細野晴臣,鈴木茂,山下達郎の3人が発表しているアルバムもあり、今になって振り返ると日本の音楽レベルが一定の殻を突き破ろうとしていた頃だったように思います。それぞれのアルバムには、俗に言うその時代の「最先端の音」が詰まっていて、リアルタイムで聞いたリスナーには新鮮で驚愕の音だった筈です。その証拠に今もって聴いてみても、ちっとも古さを感じさせない・・・そんな音がテーマに沿って詰まっています。今では、それぞれのアーティストも有名になってしまいましたが、当時はまだまだメジャーになり切っておらず、 細野晴臣は伝説的バンドHAPPY ENDの元メンバーぐらいの認知度でしたし、ユーミンとの結婚前の松任谷正隆なんぞは、私の周りのものにも殆ど知っている者がいないほどで、かなりの音楽バカでないと、その名は知られていないという現状だったのを覚えています。

BAND WAGON

日本の音楽水準を高めた、エポックメイキング的なミュージシャンは数少ないですが、細野晴臣・松任谷正隆・鈴木茂らが組んでいたバンド「Tin Pan Alley」は、その数少ないひとつだったと思います。3人のそれぞれの私的ベストアルバムを列記しておくと、細野晴臣「TROPICAL DANDY」鈴木茂「BAND WAGON」松任谷正隆「夜の旅人」という事になりますかね・・・ごきげんなサウンドをお望みなら「BAND WAGON」の中でも一押しの「八月の匂い」、泣きたいなら「夜の旅人」の中で大貫妙子&松任谷正隆が切々と歌う「荒涼」、ロマンティックなアジアの夏を感じたいのなら「TROPICAL DANDY」の「HONEY MOON」と言ったところでしょうか・・(^O^)

久しぶりに音楽三昧なお話をして、あ~スッキリした\(^o^)/(笑)
では、体調を崩しやすい時期ですので、ご自愛いただき楽しい週末をお過ごしくださいね♪

スポンサーサイト

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://vagrie.blog.fc2.com/tb.php/131-9c5fb072
該当の記事は見つかりませんでした。