ひもとがひもとく 今、高評価、トレンド、バッグ。

ひもとがひもとく 今、高評価、トレンド、バッグ。

POWER TO THE PEOPLE  

皆さま、怒ってますか?私、結構怒ってます。
何がって?・・ここは、やはり先回のブログでも書かせて頂いた安保法案の件です。

国会議事堂前をはじめ、大阪・御堂筋でも反対デモの参加人数が増えて来ました。やはり、私を含め責任ある世代として後世に「平和な国、日本」を残して行かなければならないと言う思いが強いのでしょう。個人的には、外交的な部分に於いて、我が日本国には、もっと毅然とした態度で臨んでほしいと思うことは多々あり、日本の力なるものをもっと示して、例えば拉致問題の早期解決も実現して欲しいですし、中国のアジア圏を中心とした横暴(領域侵害など)にも真正面から立ち向かって阻止していただきたいと感じています。但し、だからと言って戦争は別問題です



政府側の答弁がしどろもどろになるほど、中身のしっかり固まっていない法案を強行採決するなんて、もっての他で、ましてやそれが戦争にも繋がりかねない法案だとすると黙って見過ごす訳にはいきませんよね?国民を無視した違憲を犯そうとしている政府に断固反対の意思を表現して行くしかありません。

しかしながら、どうして日本はアメリカの言いなりなのでしょう?素朴な疑問が私の頭の中をよぎります。アメリカに守ってもらわないと、やはり日本はダメなのでしょうか?なんだか、アメリカの植民地のような気にさえなってしまいます。なぜなら、日本国内にアメリカの基地があるなんて、どう考えても変でしょ?沖縄の辺野古基地移転問題などもアメリカの意思を日本政府が沖縄にゴリ押ししているようにしか、私の眼には映りません。なにか問題がおきても治外法権の印籠で責任すら問いただすことが出来ないなんて、おかしすぎますよね?

今回の阿倍さんの強引さは、アメリカからの強い圧力のせいなのでしょうが、私たち国民のひとりひとりがもっと反対の声を上げ、アメリカの要求に巻き込まれないようにしましょう。日本はアメリカと違って、戦争もしませんし、銃社会でもありません。今一度、日本の素晴らしいところ、守らなければならないところを認識して、皆さんが、それぞれの愛する人たちと、いつまでも平和に暮らせる社会を守って行きましょう。

スポンサーサイト

category: ひとりごと

tb: 0   cm: 0

戦争反対  

突然ではありますが、本日は少し真面目な話を・・・

普段、政治的な事や宗教関連のことについては、個人別に様々な考えがある部分ですので、意識的にあまり触れないようにしているのですが、集団的自衛権の問題については、先日、国会議事堂前でのデモ行動の報道を見て、やっと国民の行動が始まったな・・と思いながら嬉しく思いました。世界でも有名な「しらけ」た日本の若者達が先頭に立って、抗議行動を起こしたことは、とても有意義で今後に期待を抱かせるものでした。

前々から、素朴な疑問として「戦争が始まる下地」が出来あがろうとしているのに、何故もっと国民から反対の声が上がってこないんだろうという思いでいっぱいでした。私がまだ小さい頃も安保などの問題で社会は大きく揺れ動いていて、良くも悪くも国民のパワーは大きなものでした。やはり、国民主権の原点に今一度立ち返り、私たちも政治家に任せっぱなしの姿勢は改めなくてはなりませんし、万一、間違った方向に国自体が動こうとしているなら、やはり国民が主体となって反対の声を大きく上げなければなりません。



この世に生まれてきた限り、すべての人は、なんらかの人と関わりや繋がりが生まれます。例えば、それは小さいお子様をお持ちの方々は自分の子供が戦争の危機に晒されることもあるでしょうし、お年寄りの方々は可愛いお孫さんにも戦争の影響は間違いなく起こる事が予想されます。自分の愛する大切な人が戦争の影響を受けると想像してみて下さい。そうすれば、今、大きく声をあげて反対の意を示さないと取り返しのつかない事が起きてしまう・・・ひとりひとりがもっとリアルな危機感を感じなければなりませんね。

ジョン・レノンの言葉を借りるなら「もしあなたが望むなら、戦争は終わる」
誰もが望まない戦争に繋がって行かない為にも、私は反対の立場であると宣言します。機会があるならデモにも参加して国民の意を国に届けましょう。みなさまも、国の将来の為、愛する人の為、子供たちの未来の為にも、今一度、真摯にこの問題を考えていただき、「戦争」という、遠くに思えていたものを身近な問題になりつつあると考えてみて下さい。

「私は戦争が嫌です。」 
WAR IS OVER ( If you want it )      

category: ひとりごと

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ