ひもとがひもとく 今、高評価、トレンド、バッグ。

ひもとがひもとく 今、高評価、トレンド、バッグ。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

京人形  

先日来より、作家さんたちとの出会いが増えて私の芸術魂(一応は持っているんですよね(^_^;))も沸々と湧き上がっているのですが、本日はヴァグリエのギャラリーでもあるショップの方へ京人形師の關原紫光さんがお見えになって、貴重な作品を撮影させていただきました。

關原紫光さんは、あまりにも有名な京尾山人形の第一人者であり、その完成度では右に出るものはいないという關原紫水さんの娘さんであり、後継者でもあられる方で、京都の伝統工芸の美と技を受け継ぎ、日本女性の美しさを表現した京人形は、見る人に感動を与え、海外の展示会でも高い評価を得ています。
本日、撮影させていただきました作品は特別なもので、画像にてご紹介は出来ませんが、下記にYouTubeでアップされている動画をご参考に素晴らしい京人形の世界を覗いて見てください。

https://www.youtube.com/watch?v=mTT8c46qR0k
(毎日放送で放映された回です)
https://www.youtube.com/watch?v=Vk1Gd3ecpis
(パリ展示会取材映像です)

皆さまもご存じのとおり、昨今は日本の素晴らしき良さに多方面からスポットライトが当たり、世界規模で大きなウェーヴを巻き起こしています。ヴァグリエでは、日本製であるというだけでなく、そこには日本の文化・日本のアートの素晴らしい部分を常に持ちあわせ続けたいと考えています。バッグ作りという、ひとつの枠の中だけでなく、こうした様々な才能あふれるアーティストの方々との交流や刺激が有形無形となって、ヴァグリエの商品の中に息づいてこそ、ご愛顧いただく皆さまの個性と共鳴し、協調出来るテイストとなって可愛がっていただけていると信じています。

話を少し戻しますが、ご紹介させていただきました關原紫光さんの講演会が近く6月11日(木)の13:00~14:30の予定で京都ホテルオークラで開催されます。「一見は百聞にしかず」のことわざ通り、細部までこだわり抜いた素晴らしい美と技巧を是非一度ご覧いただければと思います。

関原紫光
《 ご予約は京都ホテルオークラ イベント予約係まで 》

このブログでは、今後も素晴らしい才能のアーティストを機会がある毎に、ご紹介していくつもりですので、ご期待ください。
「本物」だけが持つ、見る者の感性に響く「力」のようなものを、作家さん達とお会いするたびに改めて感じています。
「豊かな心」「豊かな感性」・・・これも人間を幸せにする大切な要素ですよね(^-^)♪
I incorporate art into everyday
スポンサーサイト

category: ヴァグリエ ギャラリー

tb: 0   cm: 0

あったかい出会い  

一昨日まで、札幌の三越にてヴァグリエのフェアの準備などがあり滞在していましたが、本州でもここ数日は寒の戻りで寒かったようですね↘当然、札幌や足を延ばして廻った旭川などでは、しっかりと雪が降っていて、4月だと言うのに寒~い思いをして仕事を済ませてまいりました。大阪では桜もほとんど散ってしまっていますが、札幌の方に聞いた話では、桜は5月に咲くんだそうで、半年間も雪に埋もれた地域の方々には待ち遠しい春の入口にやっと立ったぐらいの感じのようで、所変わればなんとやら・・と言ったところでしょうか?(・_・;)

今年に入って、このブログの中でも、しばしば書かせて頂いていますが、様々な分野でのアーティストの方々とお会いする一方で、大手の企業の方との商談も、私の業務のひとつであり、そんな中で最近気付いたことがあります。例えば、全国の百貨店はみなさまも感じておられますように、屋号が違うだけで、お決まりのように1Fにはインターナショナルブランドがあって、2F~3Fには婦人服の売り場があって、その上、大半は入っているブランドなんかも同じなんですよね?こんな画一化されたような現状って、いかがなものでしょうか?昔は百貨店の暖簾毎にもっとカラーがあったように思えるのですが・・・。全国を飛び回っている私ですから余計に地方も同じ現状で、うんざりしてしまいます。もっと地域性であったり、店舗毎の個性が顧客さまに楽しんでいただける大きな要因ではないでしょうか?もしも百貨店毎の個性があれば、顧客さまが積極的に選んで来店する大きな要因になる筈なのに。

そこで、新しいムーブメントとして、大手の企業が、大手同士で手を組むだけでなく、個レベルに目を向け始めている動きが最近になって少し感じるようになりました。分かり易く例えますと、デパ地下の始まりは売場担当者が足と情報で集めてきた無名の食べ物にスポットをあて、それを店頭で展開したのが始まりでした。デパ地下に入っているお店のバリエーションの違いが唯一、百貨店の個性が出ているという皮肉な状況で、人気店や話題を提供できるお店の奪い合いが、今も続いているようです(>_<)このように百貨店側も個性を打ち出さなくては生き残れないと気付き、個レベルの取り込みをして個性化を打ち出して行く様相です。


お気に入り ≪栓になっている水鳥がデカンタの中の魚を狙っているという、手の混んだ難しい技術にも関わらず、温かさあふれる作品ですよね≫

私は個人のアーティスト(作家)さんとお会いすることで、日本にはまだまだ紹介すべき才能が限りなくあるように思えています。例え分野が違っても、やはり「良いものは良い」・・・この一言に尽きるんですよね。個のレベルに目を移したとき、そこには企業にない自由さや個性が魅力的に光っているわけで、私の好奇心を大いに刺激していただけました。この1ヶ月ほどでお会いした作家さんの心のこもった作品から、一貫して優しさや温もりをいただき、感じれた事は今後の私にも大いに影響してくる筈です。お忙しい中にも関わらず、私にお時間を割いていただきお話しできました事に、改めて感謝申し上げます。

本日も金曜のMusic ブログ Dayだと言うのに、音楽には一切触れることなく生真面目なお話しで今週は終わってしまいました。来週からは少し肩の力を抜いて、いつものいいかげんなブログに戻りますので、よろしくお願い致しま~す\(^o^)/



category: ひとりごと

tb: 0   cm: 0

「幸財」おまもり  

本日は本来なら、私のMusicブログの曜日なのですが、忙しさを言い訳に長くブログを更新出来ない期間に、お伝えしたいお話しなども溜まっていますので、本日は例外的にMusic話しはお預けさせていただきますね(T_T)

早速ながら、ご存じの方も多いと思うのですが、今年2月まで、ヴァグリエでは使い古した財布をお預かりし、福井県にある城山稲荷神社にて、お清めとお祓いをしていただきました。また、お預かりさせて頂きました顧客さまには、「幸財 ご祈祷」済のお札をお渡しし、新調されましたお財布の中に入れてお持ち頂けるよう、順次お配りさせていただいています。「幸をひきつぎ悪しきを祓う」、ヴァグリエのお財布「幸」ご祈祷。今後も毎年恒例イベントとして実施してまいりますので、その際は、ぜひご活用いただければと思います。

私自身も驚いたことなのですが、お札をお渡しさせていただいた中のお二人の方から早くも驚くようなご利益がありましたとの、うれしいお便りもいただき、私自身のお財布も次回には変えてみようかな?なんて思っている次第です(^_^;)
おひとりの方は、「7ケタの大きな仕事が舞い込んで来ました」と教えていただき、もうひとりの方は「新規の取引が成立しました」など、なにやら、出だしからご利益が高そうな匂いがプンプンして来ますよね~\(^o^)/ここで私だけが知っている情報をお伝えしておきましょうね。冒頭に書いた「幸財 ご祈祷」済のお札は、なんと、ひとつずつの手書きで、そこらあたりに出回っている印刷物のお札とは、ご祈祷の込めかたが全然違うわけです(あくまで私の主観ですがね・・)ましてや、下の写真のように、ひとつずつ三宝に乗せ神棚に上げられて、ご祈祷されるのですから、有難さも違ってきて当たり前ですよね?

ご祈祷
≪城山稲荷神社での様子≫

今回、イベントに参加していただいた方々は、一歩先に「幸財」を手にしてラッキーでしたよね。今の予定では、6月ぐらいから夏のイベントとして「バッグ」、1月からの冬のイベントとして「お財布」、それぞれのお祓い、ご祈祷を受け付ける予定ですので、ご興味のある方はヴァグリエHPにて告知をさせていただいた際に、是非、お試しご活用いただければと思います。

さて、春本番。桜が街を明るく模様替えをしてくれる季節が訪れています。来週は私も札幌へお邪魔しますが、札幌でも少しは春めいてきているようですので、厚着はしなくて済みそうです。気分も上げて、運気も上げて、明るく楽しく毎日を過ごせるようアゲアゲで行きましょうね~♪\(^o^)/♪
See you nextweek

category: VAGRIE

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。