ひもとがひもとく 今、高評価、トレンド、バッグ。

ひもとがひもとく 今、高評価、トレンド、バッグ。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

やっぱり、気になるグラミー  

みなさま、昨日までの週末は楽しめましたか?
幸い天気にも恵まれ、各地でも春めいた気温で過ごしやすく感じましたよね(^_-)例年通り、寒の戻りは2月にはまたあるでしょうが、三寒四温の言葉通り、確実に春は近付きつつあるようです。私個人としましては、スキーをはじめとする冬の楽しみ方の引き出しが少ないせいか、ひたすら寒い冬は耐え忍ぶしかないんですよね(>_<)いっそ、冬眠出来るなら良いのですが、なかなかそんなに都合よく行かないのが厳しい現実なんですよね・・・

さて、そんな中、洋楽ファンには注目のグラミー賞のノミネート曲が発表されました。
このブログの最初の回に、ファレル・ウィリアムスの「HAPPY」が最有力候補のひとつになるでしょうって宣言しておりましたが、無事に私の予想通り、「HAPPY」とアルバムの「GIRL」がめでたくノミネートされていました ♪ビヨンセが予定に無かったアルバムをサプライズで発表したので、グラミーの方も当初の予定とは違った結果が出て来そうで、話題性を狙ったビヨンセは今回のグラミーを本気で狙いに行った確信犯かも知れませんね。



その反対に私のもうひとつのお気に入り曲が外れてしまいました(T_T)その曲はマーク・ロンソンの「Uptown Funk」なんですけど、客演しているブルーノ・マーズはグラミーでも最優秀新人を取って、これからも期待の大きいひとりです。PVではブルーノ・マーズのほうがメインなんですけど・・・(^_^;)事前の予想では候補までには上がっていたようだったのですが、発表のタイミングが悪かったのと、少しばかり実績不足がノミネートから外れた原因だったのかも知れませんね。

それにしても、この曲も「Happy」と同様、昔懐かしいアメリカン・ポップとソウルミュージックの両方の匂いがプンプンして、どこか聞き覚えがあるような親しみやすさがあります。やはり、音楽は楽しくてウキウキ気分になれることも大きな役目のひとつですから、この「Uptown Funk」のような曲は、お天気の昼間に聞くとピッタリかもしれません。

さて、今回のグラミーは作戦勝ちのビヨンセの手に渡るのかなぁ~(^○^)

スポンサーサイト

category: I love music

tb: 0   cm: 0

褒めてほしいの(^_^;)  

昨年、このブログのコーナーでもご紹介をいたしました、モンテカルロバレエ団でプリンシバルを務める小池ミモザさんとスタイリストの成富さんから、ヴァグリエのお財布をお使いいただき、よろこんでいただいているツーショットのお写真が、私の元へ届きました。お二人のキュートな笑顔を拝見して、私もうれしくなり本日のブログに上げさせていただいております(^-^)似ていて非なるお財布も世の中には多数ありますが、使えば違いは歴然!とおっしゃっていただけるほど、隅々まで考えられた作りの細やかさにお褒めの言葉を頂きました。

ヴァグリエ

それと言うのも、ヴァグリエの自慢のひとつにリピート率の高さが挙げられるのですが、これは、お使いいただいた方の満足度チェックのようなもので、リピート率はとっても大切な要素だと私は考えています。みなさまの毎日の生活の中で、使用状況や使用頻度も違う中で実際にはどのように使われ、そして、どのような感想をヴァグリエの商品に感じていただけているのか?を、私たちには推し量ることがなかなか難しいので、なるべく、ご来店の際やお話をさせていただく機会を通じて、みなさまの声を聞くようにはしているつもりなのですが、なかなか本音ばかりを聞かせていただける事も無理な話なので、このリピート率を重視しているわけなんですよね。

どこかしらに対価以上の価値を感じていただけなければ、決してリピート購入をしていただける筈はなく、私がお客様からいただくいちばん嬉しいお言葉に「やっぱり、ヴァグリエのバッグでなきゃダメなのよね」って言っていただける瞬間があります。また、そう言ってご来店いただけるお客さまが多いことに、感謝と共に、期待に応えなきゃっていう責任感みたいなものも同時に感じて、私自身のモチベーションの元となっております。

ヴァグリエのひとつひとつの商品には、私たちのアイデアもいっぱい詰まっていますが、工場の職人さん達や皮革や金具をはじめとする仕入れ先の方々、そして広い意味でヴァグリエに関わって頂いている人たちのそれぞれの心細やかな想いが詰まっています。その関わるすべての人たちの出発点は、「いい商品を作りたい」と言った、至ってシンプルな想いなのですが、それはまぎれもなくお客さまの満足した笑顔を見たい・・そして、まるで子供のように褒めてもらいたいのかも知れませんね(*^-^*) そう言えば、私の好きな矢野顕子さんの歌にも「たまにでいいから、お母さんも褒められたいの~♪」っていう歌がありましたね~(^_^;)

画像にあるお二人の笑顔は、私には微笑ましく、そして少し褒めていただけているような気になって眺めています(*´▽`*)


category: VAGRIE

tb: 0   cm: 0

真面目に更生しました(^_^;)  

本日は運転免許更新の講習会に行ってまいりました。
みなさまには当たり前の事かも知れませんが、私としては人生初のゴールド免許です♪(拍手!パチパチ~)以前は毎日のように車に乗っていましたので、違反を起こしてしまう確率がどうしても高くなってしまい、大きな声では言えませんが、急いでいる時などは、どうしてもアクセルを踏みがちになっていたのも事実です。過去には、あまりのスピードオーバーで検察庁に呼び出されて、検察官から「暴走行為だっ!」とまで責め立てられた事もありましたが、そんな中でも、いちばん罰金を支払ってきたのは、やっぱり駐車違反なんですよね~(>_<)でも、世の中にミドリのおじさん達が見廻りに出没しだしたのをきっかけに、どんな時もパーキングを利用するようになりましたので、ミドリのおじさん達の効力は私にとっては絶大でした。ある意味、今回のゴールド免許はミドリのおじさん達に助けられて、ゴールド初ゲット出来たのかも知れませんね(^^;)

でも、所謂ペーパードライバーの方は、全く運転をしないから違反をすることもないと思うんですよね。毎日、仕事などで運転をされる方とは、比較にならないほど違反確率は高い訳です。もちろん、だからこそ余計に安全運転に従事しなければならないという建て前は理解しているのですが、現実の交通事情の中では、なかなかそうもいかないのも現実です。ペーパードライバーの方が実際に運転をした時に、果たしてゴールドに相応しい優良運転者と言えるほど安全に運転するとは、ちょっと考えにくいと思えます。私的にはゴールドのペーパードライバーの助手席に乗れる勇気はありませんね~(>_<)
ゴールドの免許で受けられる恩恵は、保険料の軽減などを含めて色々とあるようですが、なんとなく不公平感が拭えないのは私だけでしょうか?やはり、ある程度の運転時間がある方で、無事故無違反を守られている方こそ優良運転者の名に相応しく思えてしまいます。私も今後はゴールドを維持するべく、更に交通ルールに沿って安全運転に努めたいと思います(真面目に更生しました^^;)

標識

ところで、本日の講習では、老人の交通事故率が年々高くなっているという話がありました。
これは、今後もっと日本の社会の中で大きな問題となってくる部分で、現在の交通ルールを大きく見直していかないとなかなか解決の糸口が見つけにくいだろうと思える事案です。高齢化が進んでいる日本では、どこの家庭でも老人を抱えたり、関わることが当然のように起こりますし、ましてや、満足な老人介護のシステムが出来あがっていない福祉事情を含めますと、不安は募るばかりです。国を筆頭に、高齢化問題はもっともっと広い範囲と視野で検討されるべきですし、迅速な是正を促したいものです。今や、高齢化問題は、個の問題ではなく、みんなに起こる公の問題なのですから・・・

先ずは、個の参加から、お住まいの地域ぐるみでお年寄りを守っていけるようになりたいものですね\(^o^)/

category: ひとりごと

tb: 0   cm: 0

いい香り  

なんか寒いですね~(>_<)天気予報では冬型の気圧配置が緩むって話だったのですが、大阪は今日も冷たい空気に包まれて過ごしています。私は男にもかかわらず、とってもお花が好きなので、そろそろ梅の花が見たくて仕方ありません。考えてみると例年の通りであれば、1月2月は、いちばん寒い時期なので当たり前と言えば当たり前なのですが、この冬は去年から寒くなるのが早い気がするので、その分、少しでも早く寒さが緩んでくれないかなぁ~なんて淡い期待を抱いてしまうのは私だけでしょうか?

ファッション的には秋冬の方が楽しめるのですが、ここまで寒いと、つい防寒が先行してしまい痩せ我慢にも限界ってものがありますよね。かと言って、なんでもいいから、とにかく暖かい服を着ておこうって気にもなれず、おしゃれ心と寒さの狭間にいる私でありました(T_T)近年はダウンジャケットがユニクロから大量に販売されてしまった為、あまのじゃくな私としては、なんとなくダウンジャケットを着る気になれず、軽くて暖かいのは十分理解していても逆らいたくなるんですよね~(*_*; まぁ、巷で人気のカナダグースとかを着れば良いんでしょうが、これも中国からの偽物のオンパレードで、なかなか手を出しづらい状況です。有名なモンクレーのダウンジャケットも偽物が出回っている今では、着ている方が恥ずかしくなってしまう状況で、モンクレーのブランドも中国につぶされちゃったなぁ~って感じです。やっぱり、消費者側も確かな目を持って、偽物には手を出さないことですね(確信犯は最高にカッコ悪いですよ~)

今日は待ち遠しい花の香りの話をしようと思っていたので、ちょっと話しが逸れてしまいましたが、関西の淡路島では、いち早く春を呼ぶ水仙の花が、例年より満開になっているそうで、そんなニュースを目にすると少しだけでもうれしくなってしまいます。私は桜の花よりも梅や桃のように香り立つほうが好きで、梅の花を手にすると、つい鼻の穴に突っ込んでしまってる自分がいます(^^;)梅の種類によって、様々な香りがあって、色々な梅を、毎年、鼻に突っ込んでいます(笑)しかし、あの香り・・なんとも言えない良い香りです。強い香りなのですが、決して人工的には作れない、どこか優しい香りなんですよね(^O^)そう言えば、最近は柔軟剤でも様々な香りが発売され、世の中は香りを重視する傾向が強まって来ましたよね?今までは諸外国と違って、日本では香りがポピュラーになり切ってなかったようにも思えるのですが、あの臭~い(あくまで私の個人的意見ですが)ダウニーの強烈な匂いによって、ある意味、日本人の香りに対する意識が上がったのかも知れませんね。

梅

すれ違った際に、優しくふわりと香るフレグランスは、なんとも言えずいいものです(^O^)
個人的には清潔感があったり、ディオリッシモのような自然のバラのような香りが好きで、最近ではハンドクリームなんかにも、すごくいい香りのものがあって、思わず「う~ん、いい香り~♪」って呟いてしまいますよね~\(^o^)/因みに、私も夏場は特に汗かきなので、他人様に迷惑のないようオーデコロンをつけたりしますが、男性はやっぱりサッパリした爽やかな香りが良いんじゃないかな?と思って、現在はGUCCIのSPORTSとMONTBLANCを気分に応じて使い分けています。

さぁて、みなさまの明日の香りはどんな香りですか?

category: ひとりごと

tb: 0   cm: 0

20年目にして思うこと  

当たり前の話なんですけど、昨日TVのニュースでも成人式のリポートをたくさん取り上げていました。その中でも、関西圏に住む私としましては忘れようにも忘れられない阪神淡路大震災があり、その年に生まれた方が成人式を迎えたとの事で、もうあの日から20年も経ったのだなぁ・・と特別な思いでニュースを見ていました。

震災が起こった翌日に、お世話になっていた方が神戸に住んでいましたから、なんとか水を運んであげたくて、車は通行止めで通れなかった為、折しも厳寒の中、使い捨てカイロを身体中に貼り付けてスクーターに跨り、大阪から神戸まで走ったものでした。その途中で見かけた現状は今でもはっきりと覚えていますが、ある反面では今でも夢を見たのでは?と思うほど現実離れした惨状だったのです。言葉にならないほどの恐怖と絶望の中で、復興は不可能だろうと思えるほどでした。



しかしながら、街は一見、何事も無かったように、かなりのハイペースで再構築され、外観上は大きなビルやマンションなどが立ち並ぶ街に戻ったように見えていますが、実は解体時のアスベストの問題は今も深い爪痕を住民に残していますし、区画整理が行われた地域では、想定外の過疎化を招いてしまい、商圏の変化と共に、元の暮らしとは程遠い生活を強いられているのが現実のようです。復興の現実とは、表れない部分にこそ根深さがあるものだと改めて感じています。
私はあの年に生まれた方々よりも、激動の中を成人まで育て上げられた、ご両親に深い敬意を申し上げたいと思います。

東日本大震災の現状も踏まえ、まだまだ長く続くであろう本当の意味での復興を、国をはじめ、私たちも意識の中で持ち続けながら、決して忘れることなく、小さな力でも助け合えればと思います。こころの傷は癒えることは無いでしょうが、せめて前進するチカラのかけらにでもなれるよう、まもなく迎える1.17を前に改めてこころに刻んでいます。

被災地の皆様方には、少しでも早く平穏な毎日が訪れますよう・・・こころより祈念申し上げます。

残念ながら、私たちが暮らす、この日本は地震や台風被害のように天災が多いのも事実のようです。しかし、私たち日本人には、強い助け合いの精神が宿っていると信じています。一日も早く、被災地のみなさまにも、この素晴らしい日本の四季を楽しめる毎日を送っていただけるよう、みんなで今一度、出来ることから始めましょう。


category: ひとりごと

tb: 0   cm: 0

1月の1枚  

Hello~えぶりばで~(^o^)丿
今日は、とっても機嫌がいいので、軽~い乗りからスタートさせていただきましたよ~♪

昨年のブログで予告していましたように、本年度よりヴァグリエ本店スロースペース内のBGMも、ご来店頂いた際のお楽しみのひとつとして、僭越ながら私のチョイスしたおすすめのアルバムを毎月1枚(努力目標的な予定では2週間に1枚程度はご紹介したいのですが・・・)簡単な紹介文と併せましてリリースさせていただく事となりました\(^o^)/本店内のレジカウンターにPOP形式で掲げさせていただいておりますので、このブログと共に、みなさまとのコミュニケーションツールのひとつになれば幸いです ♪

そこで、記念すべきスタートを飾る1月の1枚は、GEORGES ARVANITAS (ジョルジュ・アバニタス)のRENCONTRE (ランコントレ)と言うアルバムを選ばせて頂きました。この方はフランスのマルセイユ出身で、私は個人的にフランスの香りが感じれる音楽が大好きなこともあって、当初はそんな期待から聴き始めたアーティストのひとりなんですよね。ところが良い意味で期待を裏切っていただいたと表現できるほど、真面目で緻密で丁寧なプレイスタイルに少しびっくりしたほどだったのを覚えています。そんな彼の代表作的な名盤ですが、やはり聴き込むにつれ、サウンドの奥側に潜んでいるフランスのエスプリみたいなものは、やはり彼の中にもフレンチジャズは脈々と流れているんだなぁ~って感じさせてくれます。


※このPOPが目印ですよ※

このアルバムは来日した際に、日本側の企画で録音されたものなのですが、当時、日本国内ではこうした動きが頻繁に見られ、海外の有能なジャズミュージシャンの再発掘に一役買っていました(少しポピュラー過ぎる選曲が多かったですが・・)こうした日本制作のアルバムは面白いことに、それぞれのアーティストに刺激を与えたのか、今や名盤となっているアルバムも少なくありません。

さて、明日から始まる3連休ですが、お正月でお疲れの方も、まだまだ元気たっぷりの方も、自分の時間が持てるようでしたら、このアルバムと共に、ゆっくりと大人の時間をお楽しみ下さい。巷では風邪がかなり流行っているようですし、この連休も寒くなるとの天気予報が出ていますので、体調には充分配慮の上、それぞれの連休をお楽しみ下さいね~(^^)/~~~
ご商売人の方々は、戎まつり(大阪では、えべっさんと言います)でしっかり商売繁盛を祈願してから、お出掛けしましょう ♪

では、来週までアディオスで~す !(^^)!

category: I love music

tb: 0   cm: 0

MAZDAの躍進  

昨日はお天気も良くて、寒さも和らいだ過ごしやすい冬の一日でしたが、本日は雨模様の空の下から書かせていただきます。

今朝、ニュースでも出ていましたが自動車業界のマツダが過去最高の収益を記録したそうです。最近の円安も影響したそうですが、私的には、やはりマツダ快進撃の源はデザインにあると思っています。3年ほど前から徐々にマツダのデザインが良くなって来ているなぁ~とは思っていましたが、ここにきて結果が伴って来たようです。その頃、思っていたのは、これがトヨタなら恐ろしく販売数を伸ばすんだろうけど、残念ながら「MAZDA」なんだよな~(T_T)ってな感じでした。自動車業界内では販売数も常に指定席のBクラスで、昔から下取り価格が悪いため、一旦マツダ車を買うとマツダ車以外に乗り換える事が困難な状況から「マツダ地獄」とも比喩されてきました。そんな、広島県人御用達のような会社が、突然、デザイン面に全社をあげて最注力し社運すら賭けてきたような動きは、クルマの性能がある程度のレベル以上に均一化された現在ではデザインでアドバンテージを築く戦略が大成功を収めた結果ではないでしょうか?マツダ経営陣の英断に大拍手です。



クルマのような工業製品の場合は特に性能や機能にスポットライトが当たる場合が多いのですが、私のようにファッション業界の人間からすればデザインの重要性を忘れてもらっては困る!って言いたくなるぐらい価値の高いものなんですよね。日本人は元々、真面目で几帳面な人種ですから性能や機能をレベルアップしていくような作業は得意なのですが、デザインのような答えのない無形のものには、からっきしダメなのが日本人の特徴でした。いい加減の代表人種のイタリアがデザイン面でアドバンテージを持っているのは、日本人とは正反対で興味深いです。イタリアのクルマは壊れて当たり前のような部分がありますもんね(>_<)私が以前乗っていたアルファロメオも、とってもノーテンキな気分屋さんでありました(笑)因みに弊社の会長も以前イタリア車に乗っていましたが、これもまた、めでたくエンジンから煙が上がったそうです(^^;)イタリア車のデザインは最高なんですがね~↘

ここまで書き進んで、改めて日本の信頼性と優れたデザインが合わされば、それはもう鬼に金棒。世界を席巻して当たり前の商品ポテンシャルを備えますよね。マツダが持つマイナスのブランドイメージを挽回しつつ過去最高の収益を実現したニュースの中に、ヴァグリエが将来的に見据えている世界進出への道なり、ヒントなりが見えたような気がしています。世界中の人々が羨む日本クオリティーを大切に、これからもヴァグリエは優れたオリジナルデザインでみなさまと共に進んで行きたいと思っています\(^o^)/

追伸:私個人としてはMAZDA購入意思は全くございません(笑)

category: ひとりごと

tb: 0   cm: 0

「初幸」いただきましょ!  

みなさま、あけましておめでとうございます。
本日よりヴァグリエも通常通り営業を開始させていただきました。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

さて、みなさまは楽しいお正月を過ごされましたでしょうか?
私は年末は風邪をひき、治ったと思えば、すぐに入れ替わりのように頸椎のヘルニアが出て、神経の圧迫から炎症をおこしたみたいで、痛みにひたすら耐える正月となってしまい散々でした(T_T) 一旦炎症を起こしてしまうと、いつも2週間ほどは痛みに苦しむのですが、今回はその痛み自体が、かなりキツくて、今も「う~っ」とか「イタタタ」などと呻きながらブログを書いている次第です(>_<) なんとか初出の本日までには治しておきたかったのですが、こればかりは言うことを聞いてくれないんですよね↘ まぁ、物は考えようで、始まったばかりの2015年のこれからの1年間ですが、いい時も悪い時も訪れる中で、この長丁場を乗り切るために与えられた試練のテストをされているんだと思うようにしました。
何事もポジティブに捉えないとやってられませんからね(^^;) 相変わらず得な性格であります(笑) 

10戎
※縁起のいい画像から2015年はスタートです※

図らずも、まもなく戎まつりが各地で始まります。笑う門には福来る・・・苦しい時ほど笑顔で福を呼び込みましょう!大阪のお隣に戎まつりで全国的にも有名な西宮神社というところがあります。毎年の福男を決める競争は少々危険ですがメディアでも取り上げられるほど有名なイベントになっているようです。ヴァグリエでも、お客様から古くなったお財布をお預かりして、正式に神社で財布供養のご祈祷を済ませた後、頂いたお札をお客様の金運アップへ繋がるよう新しい弊社のお財布に入れて頂き、ご利益を授かれるようプレゼントさせていただくイベントが始まります。このイベントの期間は1月から2月末までの俗に業界用語で言うところの春財布(張る財布)シーズンの限定イベントですので、是非ご利用頂きまして
みなさまの金運アップはもちろん、福をいっぱい呼び込んじゃって下さい(^O^)

以前にもお話しいたしましたが、本年よりヴァグリエの商品キーワードは「幸」となっており、たくさんの「幸」をいかに大切なみなさまにお届け出来るか?感じてもらえるか?・・・そんな物づくりを推し進めてまいりますので、ご期待下さい。
2015年。みんなで「幸」を掴みましょう!!!

category: VAGRIE

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。