ひもとがひもとく 今、高評価、トレンド、バッグ。

ひもとがひもとく 今、高評価、トレンド、バッグ。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

お菓子のあじさい  

現在、インスタントコーヒーのTVコマーシャルで流れている映像の中で、あじさいの和菓子がとても涼しげで、見ているだけでなんとなくうれしくなっています。

それにしても、和菓子って、とっても日本的な素晴らしさが詰まったものだと思いません?先ずは、日本の四季を通して、季節の便りとして楽しむことが出来ますよね?そして、その繊細な菓子匠の技巧によって、色彩や形の中にひとつの世界感を描き出されます。この風情を楽しむっていうのは、日本人に生まれて良かったと思えるベスト3のひとつなのですが、こういった感覚は何故に日本独自のものなのか?と思うと同時に、この特別な特権は日本以外には広めたくないなぁ~と、ケチくさい考えも私には同時によぎるわけです(^_^;)



人の気持ちを落ち着かせたり、憩いを与える作用のひとつに、不規則なリズムというのがあるそうですが、小川のせせらぎや木々の葉が擦れ合う音も、その作用のひとつだそうです。確かに私的には、山間を歩いている時に遠くから聞こえてくるチョロチョロと小さく流れるせせらぎの音が、これもベスト3に入るほど大好きな癒しの音なので納得する理論ではありますね。

歳を重ねる毎に、日本の良さが分かるなんて、日本の魅力自体の奥行きというか懐の深さが大きくて、例えば学生時代には知り得なかった日本の魅力を再発見している最中で、もっともっと、素晴らしいものを貪欲に感じて参りたいと思う次第です。

スポンサーサイト

category: ひとりごと

tb: 0   cm: 0

緑に想う  

そろそろ、スタッフそれぞれの予定もあろうかと、弊社の夏期休暇日程を考えていたところ・・・カレンダーに見慣れない祭日が・・・8月11日?祭日なんか8月にありましたっけ??
スタッフに聞くと今年からスタートする「山の日」という祭日だそうです。恥ずかしながら、全くの知識不足であります。みなさんも何の日か?まで意識されていませんよね?ね?

ところで山の日と言えば、私の出番じゃないですか(笑)若い頃とはうって変わって、海派からめっきり山派へとなってしまいました。リゾートに於いてもマリンリゾートより、明らかに高原リゾートなどに魅力を感じている私です。例えば、小鳥のさえずる声を聞くだけでも、「いま、何を話しているのかな?」などと想像が広がります。花も大好きですが、山の様々な緑の色は私の大切にしていたい何かを思い起こさせてくれます。

緑の色と言えば、先日、TVで「苔」がブームになってるという情報が流れていましたが、なんとなくこの情報は遅いなぁ~って思いながら聞いていました。そう言えば関西にも苔がきれいな場所は色々とあります。

苔寺

自然な状態でなら、大台ケ原なども苔が美しかったことを覚えています。大台ケ原は関西でも有名なほど雨が多い地域で、この湿気が苔には最高の環境なのかもしれませんね。また、庭などでは、高校時代の神社仏閣巡りをしていた頃には予約せずに入れた通称「苔寺」という京都の西芳寺が有名ですよね。残念ながら今は往復はがきで申し込みをせねばならず、しかも写経をするためという口実の元、べらぼうな拝観料(なんと驚愕の3000円!ありえね~↘)を要求されてしまいます。これは残念です。京都というところは、本当に恰好ばかりの体裁を最優先に、中身はなかなかあくどいご商売をされる地域なので、みなさまも観光の際は冷静に財布を守りましょうね~(笑)私は、雰囲気で惑わせて湯豆腐を何千円という悪徳価格で商売をするのはいかがなものか?と思っています。みなさま、忘れていません?所詮、豆腐1丁がお鍋に入っているだけですよ?いくら原材料と手間が違うと言ったって、それは説得力無いなぁ~

なんだか、緑の美しい話から、京都の小言になっちゃった・・・
ではでは(^^)/~~~

category: ひとりごと

tb: 0   cm: 0

価値観の変化  

「その価値観、古くありません?」
最近、この言葉が私の頭の中で囁かれる事が多くなっています。

それというのも、この1~2年で、実感として世の中の価値観が以前とは明らかに変わってきていると思えるからです。
過去を遡ってみれば、時代には大きな変革を遂げるポイントが、数年もしくは数十年間隔でやって来ているように思います。例えばラジオの時代からテレビの時代もそうですし、画期的なパソコンの発明によって、今や仕事デスクの上には当たり前のようにパソコンが鎮座しております。パソコンが一般的なものになって普及する前には考えもしなかった光景ですよね。私自身もアップルからノートパソコンの新作が出る度に、高い買い物を繰り返していたのを覚えています。そんなノートパソコンも今ではiPadのタブレットがビジネスモバイルの主役に取って代わろうとしていますし、個人ユースに於いてはスマホで賄えるので、みなさまも御自宅でパソコンを広げる機会も少なくなったのではないでしょうか?

その他にも従来の民放TVは影をひそめ、個人がよりパーソナルに選べる無料放送や有料放送などをTV、タブレット、スマホなど様々な視聴方法で楽しむ時代となり、民放の我が春の時代は終局を迎えたと言えるでしょう。更には、子供たちの将来なりたい職業ベストテンにもユーチューバ―が堂々と上位に入るなど、私の時代には存在していなかった職業すら人気を集め、確実に価値観は大きく変わる時代に突入しています。


そう考えると、今まで当たり前のように持ち合わせていた価値観っていうものが、何かの拍子に忘れられ、古びていってしまうものもたくさんあると気付かされます。もちろん守るべき伝統などとは一線を画す部分ではありますが、私の携わるファッション業界に於いては変化には敏感に反応しなければと思いますし、それ以上に変化を先読み出来る感度が大切だと思っています。以前には多数見受けられたアイテムごとの専門店も極めて少なくなり、取って代わったセレクトショップも今では魅力を全く感じなくなっている自分が居ませんか?少なくとも私自身は飽き飽きして、お腹いっぱいの状態が長らく続いています。次に、時代が求めるセレクトショップに取って代わる価値観の提案とは一体なになんでしょうか?

なんとなくですが、私自身は<パーソナル>をキーワードに、ファッションやフード、アートなどジャンルを超えた中にヒントがあるのではと思っているのですが・・・まだまだ、答えは確かなものではありませんが、時代に変化が生じる日が近いという確信は持っています。時代は夢を追いかけるアイデアによって、様変わりを遂げてきました。テレビしかり、パソコンしかり、インターネットしかり・・・アイデアは世界を変える。そう思いません?

category: ひとりごと

tb: 0   cm: 0

iな日々、間もなく開始~♪  

寒かったり、暖かかったり文字通りの三寒四温の日々ですが、皆さま、お元気でお過ごしですか?私の方は、しばらくご無沙汰しましたが、その間に長年にわたり憧れていましたポルシェオーナーになる事を諦め、どうせならと全く違う方向を向いてBMW i3のオーナーとなってしまいました。

私にとって、クルマは趣味性の高いもので興味の持てない車種ではカローラであろうがクラウンであろうが全く違いはなく、思い入れのない只の移動道具へとなってしまう訳です。今回のマイカー選びでは当初ポルシェ911のみが頭の中にあり、全く周りは見えていないピンポイント状態で進んでいたのですが、やはり高額なクルマな事と、燃費やら保険代と色々な要素を実際に考えあわせてみると、ちょっと今の私には無理な部分が出てきてしまい、将来のモータリゼーションを考える中では最終的にはEVカーかビンテージカー(クラシック)しか残って来ないのでは?と思い始めた訳です。

日本ではトヨタがハイブリッドの利益をまだまだ貪りたいようで、EVのインフラには無関心ですが、ヨーロッパなどではEVのインフラも充実しているようです。プリウスに代表されるハイブリッドは所詮は妥協の産物で、そんな中、昨年ポルシェもEVポルシェを発表しましたし、この1~2年でドイツ製各社がこぞって発表してくるような情勢になって来ました。トヨタなどは水素クルマなどを推進しているようですが、現実的にはインフラや流通、水素の価格なども含め、ガソリンに対してコスト面でのユーザーメリットは全くありません。いずれ、手のひらを返したようにEVカーを大々的に販売するものと思われます。まぁ、世界的には完全にEV一直線で未来カーの姿が決まってしまったようです。
名称未設定 2

絶対的なEVのアドバンテージはランニングコストとクリーンにあり、エンジンが無い分、オイル交換が無くなりますし、回生ブレーキによってブレーキパッドだって減りません。そのくせ、モーター直結の恩恵でアクセルを踏んだ瞬間からトルクの全てを発揮するので、全く違った次元でクイックにスタートします。日本にはリーフがEV代表として君臨していますが、私には、あまりものダサイ内装が許せず、折角の未来カーなのにワクワクさせてくれるものがありませんでした。i3の方はボディ全体がカーボンモノコックという、F1などのレーシングカーのみで使われている非常にコストの高い手法を採用し、軽さと堅牢さを実現しています。おそらくBMW側では利益的な狙いは少なく、先行投資の様相がこのカーボンモノコックに見て取れます。でも私のいちばんのお気に入り点はインテリアなんですよね。まぁ、今までの価値観で車を考えられていると、i3のインテリアは恐ろしくチープです。しかしながら、ecoを次世代の価値とご理解の方であれば、ケナフを使ったパネルやペットボトル繊維のシートやユーカリ材のボックスなど、どれもが再生可能、もしくは成長が早い植物を採用しているこだわりが価値として感じる筈です。BMWはi3の生産に当たり、100%の電力を風力で賄う全く新しい工場を建設しました。やっぱり、ecoるのも本気でやらなきゃ!って感じですよね。

「大切な資源を限りある中で、継続出来る工夫をし有効的に使用する。」

最近では、今までの価値観の中で高級とされていた数多くの大きくて装備満載のクルマたちが私の眼には、豪華であればあるほど時代遅れの産物に見え始めています。ミニマリストの如く、無駄なものをそぎ落とし、その中でセンスと発想の高さを今後のクルマには身に付けて欲しいものです。

って、言いながらも、まだ納車待ちなんですけどぉ~~(笑)
しばらくはチャリンコでecoしま~す(T_T)

category: ひとりごと

tb: 0   cm: 1

祝50,000Km  

私くし、恥ずかしながら昨年の大晦日に50000を迎えました。
えっ!?なにがって?
実は乗り換えの激しい私の愛車歴では珍しく、現在所有している車が50000kmを迎える事が出来た訳です。ほとんどの場合は4万キロ台で乗り換えて来たのですが、今回は久しぶりにメーター内で50000kmを見たものですから、記念にとパチリ撮影しておきました(^_^;)
メーター

最近の若者達はマイカーなどには執着心も無いようですが、私などの時代では、クルマは特別な存在でこのオートマチック全盛の時代にマニュアルが乗りたいなどと時代錯誤とも思える志向が働くぐらいです。クルマに於ける世代ギャップは相当のものですが、やはり個人的にはいつまでもクルマ好きであり続けます。しかしながら、最近は欲しいと思うクルマも限定されてきて、目移りすることも少なくなって来ました。ずっと携わっているファッション業界の立場から思うに、ファッションに於いても様々なオシャレを楽しみ、たくさんのお金を払って来た人ほど見えてくる究極のスタイルってのがあると思うんです。今までの自分のファッションを集約するような・・・そんな所へ辿り着けるのは、相当のファッション道楽の方だけに与えられた限られた視界でしょうね?
これはクルマにも当てはまると最近は考えています。現在の私なりの答えとしては,一方の雄がポルシェ911であり、もう一方の雄がレンジローバークラシックだと確信を持っています。




クルマは新しけりゃいいってものでもなくて、この時代のこの形がいちばん!ってのもあり、私には上の写真の時代が好ましく思えます。もちろんながら、私には高嶺の花のままでハンドルさえ握ったことはないのですが・・・・(T_T)
この2台は、趣味のいい究極の2台だと思えます。もちろん、クルマ好きの誰もが認める通好みであるのは言うまでもありません。個人的には例え超お金持ちになってもフェラーリを買うなどと言う愚行は絶対にしないとお約束出来ます。同じお金を掛けれるなら、もう一台、縦目ベンツの280SLを買って、ベストコンディションを維持しながら楽しんでみたいと思います。

あ~、せめてポルシェだけでも私のところへ来ておくれ~~~(笑)

本日は物欲まる出しの私利私欲なブログになってしまい申し訳ございませんでした
みなさま、たのしく週末をお過ごしくださいね~♪

category: ひとりごと

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。