ひもとがひもとく 今、高評価、トレンド、バッグ。

ひもとがひもとく 今、高評価、トレンド、バッグ。

おもろいやんか~♪  

大阪弁のタイトルで失礼しましたが、無事、私のiな生活、始まっております(^O^)

納車されてから、初めての充電経験はドキドキしました。というのも全てセルフで充電しなければならず、電気が苦手な私としては<電気=感電>のイメージがあって、ましてや街中の充電システムを使うのも初めてだったものですから、何をどうするのか?すら全くの無知識の中で初トライしたのでした(^_^;)ところがそんな心配も杞憂に終わり、とっても簡単でコネクターを差し込んで、スイッチポンで終わってしまい、作業自体はガソリンを入れる方が、余程危険かも知れません。実際に電気自動車に乗るまで街中の充電施設など意識すらしなかったので不便を覚悟で乗り出したのですが、こちらも全くの杞憂で、街中には困る事なく充電施設がある事にびっくりしてしまいました。私の住む近くも下の画像では分かりづらいでしょうが、到るところに充電施設があります。ロングドライブが好きな私としては地方のほうもこのアプリで色々と調べてみたのですが、むしろ大阪市内より地方の方がより充電施設が配備されていて、尚更びっくりポンの状態です。


<EVsmartというアプリで全国の充電施設が見れます>

しかし、iな生活が始まって、つくづくインターネットを中心とした通信システムの発展に驚かされています。際限なく便利になる世の中ってのも、ある部分では疑問も生じてしまいますが、その便利さは文化レベルを高めて行きますし、その便利さを利用するしないは個人が選べば良いだけなので、私としては拘りのない部分だけは便利な方をチョイスして、趣味の部分では大いにアナログを楽しもうと考えています。リタイア後はお気に入りのクラッシクカーを手間ひまかけてレストア(再生)して行くのも楽しそうです♪その時はベンツの280SLかBMW2002ぐらいを手掛けてみたいなぁ~\(^o^)/

さて、少し話を便利な方へ戻しますと、今回のi3はスマホから車に異常がないか?という自己診断をはじめ、出発事前のエアコンのオンオフ(EVなので排ガスなし)、広い駐車場などで自車を見失った際のパッシングなど、色々なことがインターネットを使って出来るようになっています(下の画像画面)今までのスマートキーでは電波の届く範囲のみでしたが、今回のシステムは通信機能を介しているので、言わば世界のどこにいても自車の状態を確認・操作出来ます。人工衛星ってすごいです(゜o゜)自動運転も本格的になって行くのかも知れませんが、今のところ、これだけは個人的には嬉しくないですね~。まぁ、高齢化社会の中にあって必要とされる場面も出てくるでしょうが、運転できる内は、やはり自分で運転したいと思うのが本音です。


<この画面では現充電量や予測航続距離などが表示されています>

以前、プリウスも所有してハイブリッド車も経験していますが、これはシステムが合わなかったのか、はたまたトヨタのダルくて退屈なクルマ作りが合わなかったのか、私には全くダメでした。今回のi3に関しては、運転そのものが楽しい車で、一緒に未来感まで楽しめちゃうので満足感も高いです。1回の急速充電で80%の補給が出来、約100キロほど走れますので、前車のガソリン車に乗っていた頃は燃費が8kmぐらいでしたから、燃費換算しますと100キロ走るのに1300円ほど掛かっていましたが、i3では300円ほどで済んじゃいます。なんと4分の1以下の経済性です。プリウスの実燃費と比べったって、2分の1程で済んでいます。クリーンで経済的で運転も楽しいってなると、これはオススメです。でも、本音は街中にi3は溢れて欲しくないんですけどね(>_<)
スポンサーサイト

category: I LOVE i

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ